かわいい赤ちゃんに出会うための試練

可愛い赤ちゃんに出会う為の試練

 

 

 

女の子と2年後に男の子を出産しました。
どちらもひどいつわりで苦労しましたが、
それぞれパターンが微妙に違いました。

 

初めての妊娠で長女を身ごもった時は、
つわりあるあるのお米の炊ける匂いが辛い
症状はありました。

 

 

お米が炊けるまで別の部屋に
避難していたくらいです。

 

つわりの時はとにかく何も食べられなかったのですが、
グレープフルーツのジュースなら
気持ち良く飲むことができました。

 

 

妊娠すると酸っぱいものが食べたくなると
よくききますが、まさにその通りです。

 

 

私は食事してもすぐ気分が悪くなってしまったので、
とにかくつわりの時は栄養うんぬんは考えず、
食べられるものだけ食べていました。

 

 

果物も食べやすかったので、
梨や桃など水分の多い果物をよく食べていました。

 

つわりは必ず終わるから今だけの辛抱と
言い聞かせて、しんどい時は家事はせずに
一日中横になっていたり、
とにかく無理せずに過ごしました。

 

 

安定期に入る頃には嘘のようにつわりは
治まりましたが、つわりがきつかったので
二人目を身ごもった時はとても不安でした。

 

この時はやたら味の濃いものが食べたくて、
お好み焼きやたこ焼きを食べてばかりいました。

 

 

気分が悪くなりそうですが、
不思議と平気で、普通にご飯食べる方が
ムカムカして辛かったです。

 

一人目と二人目では食べたい物も違ったのですが、
現在、子供たちの好物がそれぞれ娘は果物、
息子はたこ焼きなので、あの頃から好みが決まってたのかなと面白く感じています。
つわりは必ず終わりますから、

 

お子さんの誕生を楽しみに、苦行に耐えて下さい。
最高の幸せが待っているから必ず
乗り越えられるはずです。

 

関連記事

誰にも言えなかったよだれづわりの辛さ