大量に吐血?心の中でもう殺してと叫ぶ

大量の吐血…

 

 

 

韓国人の夫との間に2人目を妊娠したとき、上の子が1歳2ヶ月くらいでした。夫の両親は、アパートのすぐ隣の部屋に住んでいて、義母は、義姉夫婦の子どもを見なければならなく、私の吐きづわり時期は、義父と夕食を毎日一緒にしていました。

 

まだ離乳食完了期で、大人とは同じものが食べられない上の子の食事と、味にうるさく辛いものじゃないといけない義父の食事を作らなければならなかったのです。料理の最中に、何度もトイレに駆け込み、それは地獄そのものでした。ごはんも見るだけで辛く、においも駄目で、義父と一緒にいる時間は、苦痛の何ものでもありませんでした。

 

 

その日の夜、つわりだけでもきついのに、精神的にも無理をしていたせいか、吐血をするようになってしまいました。

 

トイレにこもりっぱなしで、吐き続けましたが、完全に血が混じった状態で焦りました。

 

脱水症状にならないようにと思いましたが、水すら通らず。その日何も食べていないはずなのに、夫が、きっと消化不良だと言い出します。

 

炭酸飲料を飲んでゲップをしたら、良くなるからと、炭酸飲料を買ってきてくれました。
でもそれを飲んで、「もう、いい、殺してー。」と心の中で叫びました。死にそうと思う域ではなかったのです。それもそのはず。

 

次の日、病院を受診したら、胃液を吐きすぎて逆流性食道炎になっていたのです。
もう2度と経験したくない、つわりの経験です。

 

でも、今では笑い話として話せます。

 

 

関連記事

誰にも言えなかったよだれづわりの辛さ
かわいい赤ちゃんに出会うための試練